● 四国に自生するラン科植物を図鑑形式にまとめました。

51属126種 (亜種・変種を含む) +6品種

(2018/2/10現在)

● 野生の姿を写すように心がけました。一部、栽培品を含みます。
ごとのページ、 ごとのページ、ノートブック のページで構成されています。 詳しくは、「内容と見方」をご覧ください。

最近、掲載または更新したもの

2017/ 7/13コケイランモドキ 新掲載

2017/ 6/ 4キバナウスキムヨウラン 新掲載

2017/ 5/ 6「シュンランとラン菌との関わり合い」 新掲載

2017/ 5/ 4「ランのタネは菌のご馳走」 新掲載

2017/ 5/ 3「菌との出会い」 新掲載

2017/ 4/17ベンガラヤツシロラン 新掲載

2016/ 9/28ハチジョウシュスラン 新掲載

2016/ 9/18ヒゲナガトンボ/ダケトンボ 新掲載

2016/ 6/17ムロトムヨウラン 学名変更
      ( L. amethystea → L. taiwaniana )

2016/ 1/ 3ムカゴソウ 更新

これより前の更新記録


内容と見方 Mail Links お世話になっているサイトと参考書など

クロムヨウランは、
咲かない。
咲くのは、
トサノクロムヨウラン。


The taxonomic identity of three varieties of Lecanorchis nigricans

数十年間も別の花を勘違い
本物の「クロムヨウラン」は花が咲かない

inserted by FC2 system